■ 診療科目

一般診療、各種検査、各種予防
各種手術、鍼灸治療
入院設備完備、往診・予約診療対応

■ 診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター
その他小動物

■ 診療時間

診療時間

■ 休診日

木曜日、日祝午後

■ リンク

大阪府立大学獣医臨床センタ―
大阪市獣医師会

鍼灸治療

アクセス

当院では、一般診療として行われている西洋医学による治療のほかに、東洋医学(中医学)による鍼灸治療、漢方治療も行っております。
[診療日] 水曜、金曜、第2土曜 13:00-16:00 *完全予約診療


鍼灸治療はどうぶつの体にやさしい治療法です

鍼灸治療は中国で生み出された4000年もの歴史を持つ「東洋医学(中医学)」の治療法のひとつです。どうぶつの体の表面には多くの経穴(ツボ)があり、これらの経穴は川のように流れる経絡につながっています。この経絡に沿って「気」と呼ばれるエネルギーが流れており、その気の流れが滞ったり、遮断されることでその部位、またはその経絡に関係する臓器に病気が発生すると考えられています。鍼灸治療は、経穴を刺激することで身体のバランスを整え、どうぶつ自身の力で回復することを補助する治療方法です。
獣医療における鍼灸治療は欧米を中心に広まっており、近年日本でも注目されている分野のひとつです。


鍼灸治療の適応疾患


低周波パルス治療の様子

鍼灸治療の効果は刺激をした部位だけでなく、中枢神経系を介し遠隔部にも現れます。ヒトにおいて世界保健機構(WHO)が鍼灸治療の有効性を認めているものは、神経系疾患、運動器系疾患、循環器系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、代謝内分泌系疾患、生殖・泌尿器系疾患、婦人科疾患、耳鼻咽喉科疾患、眼科疾患、小児科疾患と多岐にわたります。

獣医療においては、疼痛緩和、機能回復を目的とした椎間板ヘルニア、関節炎、神経痛、神経麻痺などの運動器・神経系疾患に多く適応されています。
当院では、このほかに「慢性疾患」、「病後の回復期」、「高齢期におけるQOL
(Quality of Life=生活の質)の向上」を目的としての治療も行っております。
すぐに下痢をする、膀胱炎を繰り返す、最近なんとなく元気がない、尿漏れするなどの「体質」や「老化」の症状もお気軽ご相談ください。
どうぶつたちができるだけ快適な生活を送れるようにサポートいたします。


当院での鍼灸治療について

■ 治療時間について

治療時間は初診の方で1時間~1時間半程度、その後は30分~1時間程度です。



温灸治療の様子

■ 治療回数について

鍼灸治療は体のバランスを整え、自己回復力を引き出す治療のため、効果が出るまでに時間がかかります。治療回数は症状や程度、発病からの時間により異なりますが、まずは週1~2回から始め、経過をみて治療間隔を延ばしていきます。


■ 衛生面

鍼治療には、ディスポーザブル(使い捨て)のステンレス製の鍼を使用しております。


■ 完全予約診療

鍼灸治療は完全予約制です。お電話、または受付にてご予約ください。


ページトップへ